2nd!! (Low-ポジション改め)
ローギアからシフトアップ!さらにアクセル踏んで主にコミックやバイクネタの雑想を書き綴るブログ。 写真ネタもアリ。 トップ画像はたまに変更します。
プロフィール

ホシカゼ

Author:ホシカゼ
ブログ「2nd!!(Low-ポジション改め)」へようこそ。静岡県から山梨県に引越したのでタイトルも改めています。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



カテゴリー



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター



最近のコメント



QRコード

QRコード



月別アーカイブ



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破滅の音
これを読んでいる皆さんは、交通事故の「音」というのをリアルに聞いたことがあるだろうか。

私は数回聞いたことがあって(内一回は喰らっていて)、たまたま今日も現場に居合わせてしまったのだが、あれはじつに嫌な音だ。
車輌同士の衝突する瞬間の音は特に異常なもので、テレビ番組の効果音のような、ガシャーンとかドーンといった理解しやすいものではない。擬音にし難いが、あえて表すなら「ドシャ」だろうか。それもドシャンから「ン」を捥ぎ取ったような、音が発生している途中で無理やり止めるような響き方をする。
それにその音質はまるで生き物がぶつかり合うようなオカシナものだ。車は鉄の塊なのに、なぜか金属的な音が入っていない。

いろんな点で理屈に合わない音なので、まさに「不条理」そのものを感じさせてじつに気持が悪い。できれば聞きたくないものであるが・・・
スポンサーサイト

グッドモーニング直4
近所に、週末、それも月に一度動くかどうかというFZ1フェーザーがある。

主はどうやら完全なるサンデーライダーのようで、毎日ずっとカバーが掛けられているような状態なのだが、週末ふと気付くと抜け殻のような丸めたカバーを残してバイクが忽然と消えていて、数日帰って来ないこともある。このフェーザーの主、バイクライフがなかなかフリーダムだ。

それでも巡り合わせがよければ、週末の早朝にその主とフェーザーの出発過程に遭遇することがある。エンジン始動音でこちらの目も覚めるので、ある種贅沢なモーニングコールだといえる。
フェーザーのアイドリングは、ビックバイクらしくない軽めの、でもクリアな音質でなかなかいいものだ。
私がW400で早発するときは、はたしてどう聞こえているのやら。

ここしばらくは週末はグテグテしつつ9月の連休ツーリングプランを練るだけ練っている。連休はいくつかあるが、たぶんチャンスは一度あるかないかだろう。この時期は毎年そうなもんである。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

カラースライド
あいた時間をみながら、盆休みツーリングなどで撮り溜めていた写真の整理などしてみたり。

P8240003.jpg

このデジカメ時代に撮影したのは銀塩写真、使ったのはリバーサルフィルム。シンビ200(最後の1本)。
まあ上手く撮れたな、と思うものをフィルムカッターでカツンカツンと切断しながらスライドマウントに装填するわけだが、デジタル画像をソフトで処理が当然の人ビトにはなんだそりゃなことかも知れないですな。
しかし拡縮修正・複製もわりと自在なデジカメ写真と違って、プラスチックシートに化学反応で光情報を固定し画像にするフィルム写真には独特の存在感がある。

とくにフィルムそのものが掌サイズの「写真」となるリバーサルフィルムは、「時空間のほんの一部を切り出して別のカタチに実体化した」とも言えるし、時間の流れの一瞬を永久に固定したものを我が物にしたようなある種とても愉快なシロモノではないだろうか。

まあそれはそれとして、あとはとくに気に入った厳選カット二枚をこのような装置(笑)につめて楽しむのがホシカゼ流写真趣味。
P9030005.jpg
こいつはハクバ製の「ハンディビュアーM70」と言って、スライドマウント2枚を並べて装填、鑑賞できる小型スライドビュアーだ(絶版品)。
スライドマウントを二枚単位で保護面を兼ねたアクリルカバーで保持し、乾電池式でハンズフリーなことも相まって、破損しやすいリバーサル・スライドを寝転がって気楽に鑑賞できるという優れもの。

しかしデジカメ用品でもこういう汎用デジタルハンディビュアーがあってよさそうなのだが中々現れない(あえて挙げるならi-podで代用できるくらいか)。卓上型とかゴツイのがようやく出てきたかなという程度で、定着するか不明な状態なのでは、デジカメも写真製品としてはまだまだだなと思う次第。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。