2nd!! (Low-ポジション改め)
ローギアからシフトアップ!さらにアクセル踏んで主にコミックやバイクネタの雑想を書き綴るブログ。 写真ネタもアリ。 トップ画像はたまに変更します。
プロフィール

ホシカゼ

Author:ホシカゼ
ブログ「2nd!!(Low-ポジション改め)」へようこそ。静岡県から山梨県に引越したのでタイトルも改めています。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



カテゴリー



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター



最近のコメント



QRコード

QRコード



月別アーカイブ



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリみて新刊 感想
マリア様がみてる―大きな扉 小さな鍵 マリア様がみてる―大きな扉 小さな鍵
今野 緒雪 (2006/10/03)
集英社
この商品の詳細を見る


この時期ならネタバレも過ぎているでしようから、ぼちぼち感想なんかを纏めました。(当エントリは再upとなります)
スポンサーサイト

[READ MORE...]
Wよ、あれが浜名湖の蒼い水面(みなも)だ。


10/21に開催された「2006スズキミーティングin浜名湖」に行ってきました。
以下お気楽にレポします。

[READ MORE...]
小図鑑!! W400
PA150004.jpg

カテゴリにしておきながらエントリが少ないうちのW4様。
W400でググって来て閲覧される方も当然ながらいらっしゃるのですが、どうにもそんな方たちの期待に全然添えていないのはやはりマズイな! というわけで、今更ながらWについて語ってみようというのが当エントリーです。

[READ MORE...]
レッドクロス・フライヤーズ
PA140036.jpg  

今日はようやく時間が出来たので久々にW400で出かけたところ、なかなか珍しいことを見物することができました。

なお、今回長文になります。



[READ MORE...]
ダブルきらら
ファミリー通巻だと週刊誌ペースの月刊4コマ誌の雑感です。

まんがタイムきらら Carat (キャラット) 2006年 11月号 [雑誌] まんがタイムきらら Carat (キャラット) 2006年 11月号 [雑誌]
(2006/09/28)
芳文社
この商品の詳細を見る
まんがタイムきらら 2006年 11月号 [雑誌] まんがタイムきらら 2006年 11月号 [雑誌]
(2006/10/10)
芳文社
この商品の詳細を見る


今回も選り抜きでまいります。

[READ MORE...]
新番組
デジタル放送時代もいよいよだからか、今期はBSデジタルでの放送が多く、地方在住でも見れる新番が増えそうです。

・ネギま!?
「ネギま!」が再びアニメ化されました。昨年もアニメになってましたが、今期のはそれの続きではなく仕切りなおしで完全新作になってました。なぜ?
それはともかく、出来栄えとしては微妙な気がしました。画像はとても綺麗ではあるのですが、アレンジがきつく全体の雰囲気として別作品になっているように思えます。少なくとも原作コミックスとは違うと思っていいようです。ちなみに製作チームが同じためか「ぱにぽにだっしゅ」よろしく「黒板ネタ」お遊びが入っていましたが、はっきり言って作風台無しにしているので止める方がいいと思います。なんでもやればいいってモノではありません。私は前作の方が好きですね、あれでコミックスも読み始めたし。
今後は時間が合ったら見るくらいでしょうか。

・ギャラクシーエンジェるーん
あの投げっぱなしアニメ「GA」のキャラ総入替での新作。第一話はわりと普通の面白いドタバタだったので意外でした。キャラも常識的だったしオチも投げてなかったし。あとアニスは外見とか言動とかマリ見ての由乃さんにしか見えません。借金設定はともかくとして(笑。
これはもう続けて見たいのですが、放送が未加入の有料chなので全部は見れなさそう。もっとも、そのうちネット動画で配信されそうな気もするので、案外見る機会が多くなるかもしれません。Gyao様よろしくお願いします(笑。

・KANON
「パーフェクトだウォルター!」

失礼、あまりに感激したのでドン退きセリフではじめちまいました。

かの名作PCゲーム「KANON」がふたたびアニメ化されました。前作は東映アニメ製作だったのですが評判はイマイチだったと思います。しかし今回はあの「京都アニメーション」が製作を担当しました。
はたして出来上がりは前評判にまったく負けていない空恐ろしいくらいのものでした。
歌音楽が原作そのままなのは「AIR」の出来から想定内でしたが、イントロから名雪やあゆの登場シーンまで要所要所はゲーム画面「ほぼそのまま」で再現してきたのには本当に参りました。そのシーンは絵柄など念入りに忠実再現するほどの力の入れようですよ。そういえばopも「ゲーム版opを動画にしたらこうなります」と言わんがばかりに流麗かつイメージを外さずに作ってあります。もう脱帽です。
言うまでもありませんが、これは視聴続行決定。来週が楽しみです。
発売日
マリ見ての新刊が発売してるはずです。
はず、というのは私はまだ買ってないから。週末まで買えません。
たとえ買えても、読む時間も週末までないですし・・・




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。